いろはかえで訪問看護リハビリステーションの理念

こんにちは。代表の青野です。

ようやく暑くなくなってきたと思っていたら、今度は台風が来る時期になってきましたね。

今週末も台風が関東地方にも到来するかもということで、近づく場合にはステーションの雨戸を閉め忘れないようにしたいと思います。(居心地が良い古民家の弱点です。。)

いろはかえで訪問看護リハビリステーションの理念

さて、目下、11月1日の開所に向けて準備を進めておりまして、立ち上げメンバーのみんなでステーションの理念について語り合っています。

少し硬いですが、以下の様な内容にしようと思っています。

【基本理念】

1.地域の方々から信頼されるステーションになる。

2.互いに助け合い、また磨き合うことで働きがいのあるステーションになる。

3.今までにない変化に対して柔軟なステーションになる。

地域の方々からの信頼されるステーションを目指して

まずこの基本理念の1ですが、訪問看護リハビリステーションとしては、第一の役割として在宅支援が挙げられるかと思います。

もちろん、その役割を訪問看護・リハビリの形でしっかりと果たしつつ、同時に、戸塚や戸塚周辺の地域の方々の様々なニーズ(お困りごと)にお応えする、という意識を常に大事にしたいと考えています。

そのような意識を行動に変え、日々を積み重ねていくことで、地域の方々からの信頼が得られていくステーションにしていきたいと思います。

上記の理念の2.と3.についてはあらためてご説明したいと思います。

ちなみにこちらは上記の想いを表現した、当ステーションのイメージロゴになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。