ステーション名に込めた想い

こんにちは。代表の青野です。

今週に入ってすっかり涼しくなりました。気を抜くとうっかり風邪をひいてしまいそうになる陽気ですので、しばらくは体調管理に気を付けたいと思います。

さて、先週の宮脇さん・吉田さんのブログ投稿が植物シリーズでしたので(笑)、今回は、わたしたちの「いろはかえで」というステーション名について少しお話したいと思います。

「いろはかえで」とは

いろはかえでというと少し聞きなれない方もいらっしゃるかも知れませんが、「イロハモミジ」という別名にしますと、ご存知の方が多いかと思います。

これからがまさに見ごろになりますよね。

少し写真で比較してみると、春は、下の写真の様なすっきりとした緑色に、

これからまさに深まる秋には、鮮やかな紅色になります

このような美しい変化は、人間にも同じように訪れていると思っています。

わたしたちがステーション名に込めた想い

若々しく元気な春(幼少年期~青年期)から、穏やで落ち着いた秋(壮年期~老年期)の何れも、美しくまた楽しく過ごしていきたいと人は願っているはずです。

わたしたちのステーションは、その願いを地域全体で支えていくお手伝いがしたいと思っています。(いろはかえでの花言葉のひとつにも『美しい変化』というものがあります。)

加えて、いろはかえで(もみじ)の葉っぱは、人の手を広げたかたちに良く似ているので、看護やリハビリが、まさに手を通じて生活のお手伝いをする活動であることからも、ふさわしいのではないか、と思っています。

そのような想いからいろはかえで訪問看護リハビリステーションという名前に致しました。

想いをこれからしっかりと形にしていきたいと思っていますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。