「相手の立場に立って考える」コミュニケーションにおいて大切なこと

こんにちは、看護師の宮脇です。

先日、東京都国分寺にある某訪問看護ステーションの見学に行ってきました。

今年で7周年を迎えられた地域の方々にとても愛されている素敵なステーションでした。

お話を伺った社長、所長のお二方とも、これまた魅力的で…!とても熱意のある素敵な方々でした。

ステーションにいらっしゃる療法士さん、看護師さん、事務員さん、皆さんそれぞれ仲が良く、まさに私たちの目指す理想のステーションの形!といった印象でした。

「相手の立場に立って考える」コミュニケーションにおける大切なこと

みんなが仲良くイキイキされているその秘訣は…
ズバリ!「コミュニケーション」だそうです。

お互いの考えや思いを我慢せずぶつけ合うことは必要だけど、相手の立場に立って表現の仕方を考えながらコミュニケーションをとる事が大切だと教わりました。

そして相手の立場に立って考えるということは、その人に興味を持ち、その人が大切にしていること、価値観などもよく理解するということです。

自分の気持ちを伝えながら、相手のことを尊重し、言葉の選び方を工夫することでスムーズなコミュニケーションが生まれる…

ほんとその通りだなと思いました。

頭では理解してるつもりでも、なかなか上手く実践できないんですよね…私にはまだまだ修行が必要なようです(^^;

わたしたちも地域に愛され、働くスタッフも居心地のいいステーションになるよう気持ちいいコミュニケーションを心掛けていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。