リハビリ中のひとコマをご紹介します

こんにちは。作業療法士の吉田です。

年の瀬が近づき、日ごとに寒さがつのってきましたが、皆さま体調崩されていませんか?

最近では、朝イチは社用車のフロントガラスが凍るようになってきました。


本日は、私たちが訪問させていただいているご利用者様のリハビリ中のひとコマをご紹介したいと思います。

退院後、中々外に出られない状況が続いていました

ご紹介させていただくご利用者様は、病院から退院されてから訪問看護とリハビリで関わらせていただいています。

入院前はご自宅周りの草むしりを日課にされていましたが、しばらく入院し体力が落ちてしまって、退院後は外を歩くのも怖いとのことで、中々外に出られない状況が続いていました。

また外に出たいとのご希望もあり、念のため車椅子を準備して外に出てみることにしました。

寒空の下でしたが、日向はとても暖かく、車椅子で少し休憩し日光浴を一緒に行いました。

しばらく見ることができなかった光景を見て、「ここら辺で草むしりしていたんだよ。」と立ち上がって笑顔でお話していただけました。


素敵な笑顔を頂きました!

久しぶりに外に出たことと、頑張って歩いたこともあり、ご自宅に戻ると少し疲れたご様子でしたが、「いい運動になった。」「少し外に出る自信がついた。」ととても素敵な笑顔でした。

この方の慣れ親しんだ光景や作業に触れることができて、僕も暖かい気持ちになりました。

その後感化された井手・吉田ペアは、事務所の雑草療法士として仲良く草むしりをやりました(笑)

意外と広い庭なので、少しずつやろうと思います!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。